【タイフルーツ】夕食に添えられていたドラゴンフルーツ~でも赤いのは初めて

7月 13, 2021

タイ果物

t f B! P L



主菜はタイ料理に関係ないカレーだが、問題は添えてあるドラゴンフルーツが真っ赤な色をしていること。はじめて食べてみた感想は?

■ドラゴンフルーツ

カットされた果肉は、真っ赤だ。
もっと正確にいうと、鮮やかな濃い赤紫色。


もっとアップで撮れば良かったが、思いついた時にはすでに完食していた。


別名ピタヤ(pitaya)。
サボテン科で、メキシコや中南米の熱帯雨林が原産。
タイやインドネシアなどの東南アジアでは、普通に売られている熱帯フルーツ。


■初めての赤い果肉

赤い果肉は「赤肉種」として販売されているが、恐らく初めて見た。

25年ほど前にインドネシア・ジャワ島でSEとして働いていた時に食べたことがある。

真っ赤なものならば深く脳裏に焼き付いて忘れないだろうから、恐らく出会ったことがないのだろう。


食べて見ると、白い果肉とかなり異なる味。


6/24の記事で紹介したホワイトピタヤは、ほとんど無味に近いたんぱくな味。

甘さは、あまり感じない。

前回のようにサラダに添えてドレッシングをかけても食べられる。


白い方が例のブツブツ(種)が目立つので、それだけで気味悪いと思う人もいるかもしれない。

赤と白の他に、イエローピタヤというのもある。


ホワイトに対して、レッドピタヤは、もう少し甘味がある。

非常にあっさりした淡白な味で、果物とは思いがたい。


種は、噛もうとしても噛み切れないほど小粒なので、気にならない。


■ホワイトより少ない

レッドは、全体の20%くらいだという。

では、どうやったら稀なレッドピタヤに出会えるか?


店頭で、外観から赤か白かを見分けるのは難しいようだ。

それでも、赤の場合はそう明記されて売られていることがあるそうだ。

もし書かれていない場合は、店員に聞いてみると良いだろう。



※食べてみたいけれど近所にない人はAmazonで。

赤肉腫と指定で販売しているところもある。




■にほんブログ村ランキング参加中
にほんブログ村 料理ブログ タイ料理(レシピ)へ
にほんブログ村

Translate

PROFILE

名前:百瀬サルタヤー(♀)
愛称:サルちゃん
タイから来て東京に住む主婦サルちゃんがタイ料理レシピやタイ料理の情報を提供します。日本語が書けないので実際はパパ(直也・ノンフィクションライター)が翻訳・編集などしています。
Sarutaya from Thailand living in Tokyo writes about Thai cooking.

人気記事

過去記事(月単位)

ブログ内検索(Google)

ブログ内検索(旧はてな)

このブログを検索

QooQ