サルちゃんのタイ料理三昧 - Saru's Thai Cooking - タイ人によるタイ料理・レシピ情報

東京在住タイ人主婦サルちゃんがタイ料理のレシピや美味しい料理・店・タイ食品を紹介するブログです。

HOME MENU LIST VIDEO FACEBOOK EMAIL 

スポンサード リンク

【タイフェスティバル東京】自由が丘クルン・サイアムのカオソーイが絶品でサルちゃんも絶賛

スポンサード リンク

f:id:nmomose:20180512133437j:plain


【タイフェスティバル】
今日は待ちに待ったタイフェスティバル。
いつも私は、美味しいカオソーイを求めて会場を歩き回る。
そんなカオソーイマニアが、今年選んだ店は…。

クルン・サイアム

今年は多忙のために十分な下調べができなかった。
そのため、ぶっつけ本番で、会場を回ってみた。


そして、自由が丘のクルン・サイアムのカオソーイを選んだ。
私は、いってみれば、毎年タイフェスで美味しいカオソーイを食べるために生きているようなものだ。


このブースのカオソーイをちら見すると、見るからに「当たり」そうだ。
それで、買ってみた。
スープを一口飲んだら、やはり大当たり。


甘めの味付けで、スープにコクがある。
サルちゃんに食べさせると、一口たべて「アロイ!」(おいしい)
子供が残したカオマンガイのご飯を、残ったスープに入れて食べた。


私は、カオソーイのスープでご飯を食べるのが大好きなのだ。
そのうち、カオソーイの麺をやめて、「カオソーイライス」みたいなのをサルちゃんに作ってもらおうかな。


この店は、イサーン料理主体だが、北や南の両理も扱う店らしい。

じつは初めてではなかった^^;

「クルン・サイアム」って、どっかで聞いたことあるなーと思っていた。
そして、カオソーイを食べた後で、過去のTwitter(Instagram転送分も含む)を調べてみた。


すると、過去にも食べていた。


https://www.instagram.com/p/Biqh7vqHLKb/
【タイフェスティバル】カオソーイを買った自由が丘クルン・サイアムのブース。すっかり忘れていたが、検索したら4年前も食べたし、同じ年に吉祥寺店でカオソーイなどを食べて感動したんだった。(^-^; サルちゃんも絶賛する店。Krung Siam in Thai Festival. #タイフェスティバル #タイフェス #ThaiFood #ThaiFestival


すっかり忘れていた。
4年前のタイフェスティバルでカオソーイを食べた後で、その年に吉祥寺の店に入って、そうとは知らずにまたカオソーイを食べて、おいしいと思っていたのだ。
ずいぶんアホだな。^^;

過去にクルン・サイアムで食べたカオソーイ

これが4年前のタイフェスティバルでのInstagram投稿。


その4ヶ月後くらいに、吉祥寺のクルン・サイアムでカオソーイを食べたときの写真。



なぜそれまで吉祥寺に行っていて、この店に入らなかったのかというと、ちょっと値段設定が高めだからだ。
でも、それだけの理由で入らなかったことを、2人で後悔した。
いまでは、吉祥寺でいちばん美味しいタイ料理店ということで2人の意見は一致している。


こうして見ると、カオソーイの見た目もかなり異なる。
カオソーイというのは、そういうものかもしれない。
サルちゃんが作るカオソーイも、外見も味も、作るたびに微妙に変わってくる。


それも、ひとつの楽しみかもしれない。

ドゥリアン(トゥリアン)

また、ドゥリアンを買ってしまった…。
https://www.instagram.com/p/BiqvQ0HnqJC/
【今日の食卓】タイフェスティバルで、ドゥリアンはイオンで買ったので買うまいと思っていたけれど、カットものがなくなったので4千円のを買った。4キロ以上ある超大玉を特別にもらって超ラッキー。Really big Durian at Thai Festival 4000yen. #タイフェスティバル #タイフェス #ドゥリアン #ドリアン #Durian


カットしたドゥリアンを500円ぐらいで売っていたのが、どこのブースも全て、売り切れになった。
完熟したドゥリアンが品切れになってしまったからという理由らしい。


愛弥美の民族衣装(チェンマイなど北部のもの)が注目の的だった。


 

หนุกหนาน😍😍

Saru Momoseさん(@sarutaya11)がシェアした投稿 -


 

ブログ読者などから声をかけられることがよくあるが、だいたいサルちゃんや子供たちの顔を見て気がつくらしい。
https://www.instagram.com/p/BirBtMjnKyB/
【タイフェスティバル】女性から「百瀬さん」と声をかけられたが、Instagramフォロワーさんだった。愛弥美が民族衣装だったので目立ったのか。#愛弥美


Copyright (C) 2015-2018 Sarutaya Momose & Naoya Momose. All Rights Reserved. Email