サルちゃんのタイ料理三昧 - Saru's Thai Cooking - タイ人によるタイ料理・レシピ情報

東京在住タイ人主婦サルちゃんがタイ料理のレシピや美味しい料理・店・タイ食品を紹介するブログです。

HOME MENU LIST VIDEO FACEBOOK EMAIL 

スポンサード リンク

【今日の食卓】田無駅前のメースィールアンでランチにグリーンカレー、パッタイ、カオマンガイ~タイ米使用の老舗

スポンサード リンク

f:id:nmomose:20180210132300j:plain



【今日の食卓】
田無駅前のメースィールアンでランチ。
私はグリーンカレー、サルちゃんはパッタイ、子供二人はカオマンガイ。

パッタイ

パッタイは、米粉麺の焼きそば。
文句なしの味だ。
ちょっと辛めの味付け。
私も頼めば良かった。
カオソーイを扱っていないのが残念。

ゲァン・キォオワーン(グリーンカレー)

グリーンカレーは日本人向けに辛さを抑えているが、それでも辛い。
ペーストは不明だが、少なくともメープロイではなさそうとサルちゃんと意見が一致。

カオマンガイ

カオマンガイは、鶏肉を茹でた中国南部起源の料理。
今日は2人の子供用に頼んだ。
専用のつけだれがおいしいが、辛みがあるので子供たちには醤油をかける。


https://www.instagram.com/p/BfALgfyAjgz/
【今日の食卓】田無メースィールアンで、子供二人はカオマンガイ。タイ米ご飯がおいしい。タイ料理はタイ米が前提にある味付けだから、やっぱり日本米より合っている。Khao man Kai for kids at Mae Sri Ruan. Thai rice aroi.#タイ #ThaiFood #メースィールアン #田無
 

タイ米

日本のタイ料理店では、日本米を使うところも多いが、やはりタイ米にこだわる店が好きだ。
コスト的な面もあるのかもしれないが。
タイ料理はタイ米の方が合っていると思うことが多い。

田無にはおいしいタイ料理店が2軒ある

この店は数十年の老舗で、何を頼んでも大体おいしくハズレはない。
ただ、カオソーイをやってないのが残念。
おばさんに聞いたら、カオソーイなんて知っている人は少なく、そんなマニアックな人はあまり来ないからやらないそうだ。
たしかに。^^;
場所は、西武新宿線・田無駅南口を出てすぐ(0分)。


田無のもう1軒のタイ料理店は、「サワディーちゃお」
サルちゃんは、以前からシェフが日本人だとわかると頑として入店を拒否するほど、タイ料理の味には頑固だ。
やっぱり、日本人が作るタイ料理は、微妙な味付けの違いでダメなのだろう。


だが、この店は店頭にタイ語が書かれていたりして、初めて見つけた時には騙されて(?)入った。
でも、食べてみたら美味しいので、唯一例外的に入る日本人シェフのタイ料理店となった。
シェフが口数が少なくて聞き出すのが大変だが、どうもタイ北部で修行した人らしい。
特にタイ北部料理であるカオソーイは、夫婦とも口を揃えて美味しいと思う絶品だ。

Copyright (C) 2015-2018 Sarutaya Momose & Naoya Momose. All Rights Reserved. Email